November 30, 2014

Rolf Prima Tdf6 set

A set of test wheels came in yesterday.
These are the Rolf Prima TdF6’s. 1435g total (F:620g R:815g), 26mm rim width, 60mm profile, Enduro ceramic bearings, titanium freehub body… 255,960yen. More details can be found over on their website, here.

I will have these available for test rides for the next couple weeks. If you’d like to try them out, please call or email to book an appointment. Depending on demand, I should be able to lend them out for however long you’d like (hours, days, etc…) The pic on the right is a customer’s Canyon with the wheels installed. (ALPHA bottle… nice touch! Thanks CH!)

Some closeups below…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

The Japanese retail price list for Rolf Prima’s entire lineup can be found over at their distributor site, JSK Cycling Force.
(Direct link to .pdf price list is here.)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Oh, and speaking of Canyon… I was lucky enough to be invited to their opening party. (Thank you very much Canyon Japan.) Guest of honor was none other than Joaquim Rodriguez!  They’re still some of favorite looking bikes. One example is the new 2015 Aeroad CF SLX, pictured above left… very nice.

As always, thanks for reading!

2014.11.30

Canyon Rolfs

RolfPrima TdF6の試乗ホイールが届きました!
前後セットで1435g (F:620g, R:815g)、リム幅26mm、リム高60mm、セラミック・ベアリング、チタン・フリーボディなど。¥255,960(税込)。詳しいスペックは本社のホームページ(英語のみ)をご覧ください。国内代理店のリンクは後程。

12月14日(日)までお借りしていますので、それまでならいつでも貸出可能です。試乗のご希望ございましたら、事前に当店までお問い合わせ下さい。貸出の期間はご相談下さい。

今朝、お客様のCanyon(画像、右上)に装着しまして、そのまま試乗に。週の後半に戻る予定です。(ALPHAボトル搭載! CH様、ありがとうございます!)

もっと大きい画像…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Rolf Primaの全ラインアップと価格表は国内代理店、JSK Cycling Forceのホームページへどうぞ。直接に価格表をご覧になられる方はこちらのリンクを使用下さい。

Canyon_party

そう言えば、Canyon ですけど、Canyon Japan開設記念パーティーに招待されて、先週行きました。こう言う感じでした。(Canyon Japanさん、ありがとうございました!そして、ごちそうさまでした。)メインゲストは何と、チームカチューシャのロドリゲス選手!Canyonはやっぱりカッコイイと思います。2015 Aeroad CF SLX に一目惚れしました。(画像、左上)

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

November 15, 2014

I’m in the middle of an update, but it’s taking some time.

One piece of news I have to get out there is that I’ve received a lot of faxes and emails regarding pricing for imported goods for the coming year. Due to the recent weakening of the yen, most of the companies I have contracts with are planning on raising prices by at least 10% starting around the beginning of next year. I just wanted to give everyone notice that if you’re planning on making any big ticket purchases, you might want to do it before the end of the year. If and when I get any news regarding this, I will post updates as soon as I can.

In the mean time, if you have any questions please feel free to email or call anytime. Thanks again.

2014.11.15

他の記事で更新する予定でしたが、遅くなっています。ただ、あまりに時間が経つ前に重要な知らせをしたいです。

数々の代理店と問屋さんから連絡が有りまして、価格改定(値上げ)を実施する予定です。最近の円安の対策見たいです。話により、輸入品は10%以上値上がりする可能性も有りそうです。値上がりの時期は年明け見たいです。現時点では確定ではないですけけど、多分実施するでしょう。

皆さんに一言だけ言いたいですけど、もし、大きい買い物を検討中であれば、もしかして年内ですませた方が良いかも。

新たな情報が入り次第、お知らせします。もしくは、気軽にいつでもお問い合わせください。よろしくお願い致します。

October 9, 2014

NewP5

Cervelo’s distributor in Japan had their 2015 show last week. On display was their complete lineup. These are a few of the pics I took. Above is the New P5. I heard there were a couple small changes to frame, but nothing I could notice just by looking. I will have to get more details on this later. The one thing I did notice is that they changed the rear brake shoe bolt on the right side to make it easier to do adjustments. Also, the paint scheme is a lot better in person than in all the pics I’ve seen floating around the web.

Pulsium

Cervelo’s distributor also handles bikes from Lapierre as well as Easton, Masi, Token, etc… Above is the new Pulsium endurance bike with an elastomer for rear suspension. They said it’s good for 3.5mm vertical travel. Hopefully, one of these days I’ll be able to test ride it and compare it to the Trek Domane’s IsoSpeed.
Oooh, and check out the dual position brake bolt spacer. It’s made to accept both short and long reach caliper brakes to fit a variety of tire widths.

S5

Back to Cervelo and the 2015 S5. There’s already been a fair amount of media buzz on this model. If you’re interested in the details, might I suggest the write ups from:

BikeRadar
road.cc
Bikerumor

The gist of it seems to be that it’s stiffer and has better aerodynamics as well as a slightly lower riding position compared to the previous model. That’s all great and all, but I was really looking forward to checking out the new handlebar (pictured above right).

Last but not least, some race info…
Oct. 19 Japan Cup Road Race, Utsunomiya
List of scheduled UCI teams is here.
(Trek tweets Cancellara is coming!)
Oct.25 LeTour De France-Saitama Criterium
Full start list here. (Nibali, Froome, etc…)

If you’ve never been to the Japan Cup, it is a definite must-see. The race is held in the forests west of Utsunomiya in Tochigi Prefecture, which is about 150km from Tokyo. (You can get to Utsunomiya Station by bullet train in like 50 minutes.) The course is a 14km loop and they do about 10 laps. This is great because you get to see your favorite riders pass by once like at normal point-to-point road races. The other thing I like it that the racing gets pretty heated and real towards the end.

Oh, if you do go to Utsunomiya, don’t forget to get some gyoza on the way home.

Thanks for reading!

2014.10.3

P5 brake

先週、Cerveloの2015年展示会に行きました。全ての車種は揃っていましたが、ここに載せた写真はその一部です。まずはNew P5です。フレームセット等に改良された点はも有るらしいですけど、目視では分からなかったです。ただ、新しいデザインと塗装は実物を見たらカッコイイと思いました。ネットに流れている画像より何倍もいいと思いました。

小さい改良点は何個も案内して頂いた。例え、リア・ブレーキシューのボルトが変わって、ある程度調整し易くなった。

Pulsium closeup

Cerveloと同時にLapierreも展示していました。上記の画像には新しいPulsiumエンデューランス系の完成車。フレームのシートラグの周辺にエラストマーが入っていて、3.5mmのサスペンション効果が有る。いつか試乗出来て、Trek DomaneのIsoSpeedと比べて見たいですね。

あとはブレーキボルト穴の位置が変えられるのが珍しいと思いました。ロングリーチのキャリパーブレーキに変えるともっと幅が有るタイヤーを装着できる。

 

S5bar

その後もう一度Cerveloに戻りました。2015年のS5です。国内代理店のページがまだ更新されていないですが、cyclowiredに載っています。詳しい情報等はそちらをご覧ください。英語で良ければ、左のリンク先もご覧ください。主な改良点としては剛性を上げて、空気抵抗を軽減して、ジオメトリーによる乗車姿勢が多少前傾に変わった見たいです。でも、それより興味が有ったのは、新しいハンドルでした。実物が展示されていました。

最後に今月末に行われるレース情報です。
10月19日 ジャパンカップ(宇都宮)
なんと!Cancellara選手出場予定!!
10月25日 TdF-さいたまクリテリウム
新城選手はこっちにも出る見たいですね。

当店の外国人お客さん達とお話すると皆さんはジャパンカップは行っていない様ですので、左の方に色々紹介を書きました。当ページをご覧頂いてる日本人の方はもうジャパンカップは一回位は見に行っているとおもいますが、もし、行った事ない方がいましたら、お勧めします。宇都宮駅からバスも出ていまして都内から会場まで簡単に行けます。まぁ、自走も有りですけどね。コースも素晴らしいです。しかも、その14kmのコースは周回式で何回も好きな選手を見られます。帰りの餃子も美味しいです。皆さんはマサシ派?ミンミン派?僕はこっち↓

masashi

以上。よろしくお願い致します。

September 4, 2014

CX01a

School started back up this Monday, so my availability Monday through Wednesday will be limited. As always, please call ahead or email to make sure that I’m available. Thanks.

BMC’s Japanese distributor had their 2015 model show in Tokyo yesterday. While that ultra-futuristic concept bike from Eurobike wasn’t on display, they did have all the models they will be selling in Japan. Most interesting was the Cross Machine with Shimano’s new hydraulic road setup.

The rest of the lineup was there too. But from what I could gather by looking at the bikes and talking to the mechanic, there were no changes to the SLR, TM, and TMR framesets. Changes seem to include slight variations on paint and components only. Specific details can been seen over on BMC’s international site and in their 2015 online catalog.

The Japanese distributor’s BMC page hasn’t been updated yet, but the prices have been set. If you’d like more information, please feel free to email or call. As always, thanks for reading.

2014.9.4

CX01b

月曜日に授業が再開しました。この関係で当店の月、火、水の営業と予約が限られます。もし、こちらの曜日にご来店の希望がございましたら、事前にご連絡下さい。

昨日、都内でBMCの輸入代理店の展示会が行われました。あの例のコンセプトバイクは展示されていませんでしたが、国内で販売する車種は全て揃っていました。個人的に注目したのは新しいCX01でした、そしてそれに着いていたシマノのロード用油圧ブレーキ。

他の車種、特に上位のグレードのSLR, TM, TMRも展示されていましたが、去年からほぼ継続している感じでした。塗装とコンポーは多少変わっていました。メカと話ながら、フレームには大きい変更や改良は無いらしいです。詳しい設計や装備はカタログに載っていますが、まだ日本語編のカタログは正式に配れてない様です。お待ちきれない方にBMC本社のホームページで2015年の英語版カタログを配信していますが、国内販売のモデルと異なる車種と装備が多数ございます。

国内販売の価格は決まっていますので、もしフレームや完成車の値段を知りたければ、当店にお問い合わせください。よろしくお願い致します。

 

 

August 1, 2014

80mm tubes

Concerning my updates or lack thereof, I’m considering a new strategy. I’m usually more of a quality over quantity type person, but I’m slowly realizing that this probably doesn’t apply to webpages.

This month, I’m post some of the stuff I have available in stock at the shop. Like the above tubes. These presta valves are 80mm long! This makes them useable for deep section aero wheels. Pictured on the left is a comparison between 60mm and 80mm valves on a Mavic Cosmic Carbone SL Wheel with a rim height of 52mm. With the 80mm tube, there’s still about 40mm of valve left. More than enough to attach pump heads from any floor pump. These tubes can easily be used on wheels with up to 60mm rim heights like Zipp 404’s.

These tubes eliminate the need for valve extensions and all the consequent fumbling.  Very easy and very quick.

Price: 1,296yen (tax incl.)

Thanks for reading.

2014.8.1

60vs80mm

最近、ホームぺージ(HP)の戦略を考え直しました。以前は出来るだけ質が高い記事を意識していましたが、よ~く考えてみると、通常のHPは質より量や更新が大事ですよね。

今月は色々当店で常時在庫している商品を紹介したいと思います。まずは、こちらのチューブ。仏式のチューブですけど、バルブが80mmの長さです。最近主流になっているディープリムやエアロ―ホイール用です。左上の画像では、同じMavic Cosmic Carbone SL (リム高:52mm)に60mmと80mmを比べました。80mmのバルブの方が、まだ40mm位の余裕有ります。どんな空気入れでもこのくらい有れば、使えると思います。このチューブはリム高の60mmまで使えます。例え、Zipp 404等。

80mmのバルブですと、今までの延長バルブの面倒を省けます。凄く楽、そして簡単。

価格:¥1,296(税込)

よろしくお願い致します。

April 3, 2014

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

The shop will be open normal days and hours for the month of April. Having said that, I still recommend calling ahead to make sure that I am at the shop and available.

I apologize for not updating since February. In all honestly, I’ve been facing writer’s block. In March, I went to a few seminars and also the Taipei Cycle show, but there really wasn’t anything worth writing about that would be of interest to my road and tri oriented customers. This year the floor was pretty much taken over by suspension parts and fat bikes. I guess if I had to choose something cool, it was the new clip on bars from Control Tech and also their kinda new titanium stems.

Hopefully, I’ll be back with something more interesting later on. As always thanks for reading.

 

 

2014.4.3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今月も通常営業させて頂きます。ただし、ご来店される前に、念の為、事前のご連絡をお願い致します。

2月から全然更新してなくてすみませんでした。記事が考えられなくて、なんとなくスランプ。この2ヵ月、店はお陰様で作業でいっぱいで忙しいですけど。書く事や書ける事があまり無かったです。3月に入ってすぐに台北サイクルに行きました。ただ、今年はあまり大きいニュースは有りませんでした。今年一番印象が残ったのはファット・バイクとサスペンションの進化だけでした。無理をして、新商品を紹介するとしたら、ControlTech社の新しいクリップオン・ハンドルとチタン製ステムくらいですかね。

もちろん、もっと面白い出来事が有れば、ここで紹介します。よろしくお願い致します。

November 3rd, 2013

This month the shop will be open normal days and hours. No planned days off or closures at this time.

On to more exciting news…
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ALPHA is now an authorized dealer of BMC framesets. 2014 catalogs (Japanese version) are available at the shop, while supplies last. The frames will be sold mostly at printed catalog prices, but I will be able to negotiate the build labor costs. Catalog frame prices (2014 models, taxes not included) are as follows:

teammachine SLR01: 420,000yen
granfondo GF01: 340,000yen
timemachine TM01:  470,000yen
timemachine TMR01: 470,000yen
trackmachine TR01: 550,000yen
teamelite TE01: 350,000yen

Availability and lead times differ according to model. Please contact the shop for more details.

Pictured right is a recent TMR01 build. It was built up with a Campagnolo Super Record EPS group. Normally, the TMR01 frameset is not EPS compatible. As such the above bike was heavily modified for everything to work. Just in case you’re wondering, the build labor including all the modifications cost about 70,000yen (more than double my normal build price of 30,000yen).

Final weight (with everything, bottle cages, Garmin, etc..) 6.75kg. This bike just turned out so beautifully, I had to put it up on the shop page. I hope you agree. Thanks for reading.

2013.11.3

今月は通常営業させて頂きます。
4日は月曜日の為、営業しておりません。予め了承くださいますようお願い申し上げます。

さて…

先月をもちまして、当店はBMCフレームセットの正式販売店になりました。 2014のカタログも配布していますので、お気軽にお問い合わせください。フレームセットは定価販売の予定です。当店でフレームセットをご購入頂ければ、組み立て工賃は多少値引き出来ると思います。

2014年フレームセット価格は下記の通りです。
(これからの価格は全て税抜価格になります。)

teammachine SLR01: ¥420,000
granfondo GF01: ¥340,000
timemachine TM01: ¥470,000
timemachine TMR01: ¥470,000
trackmachine TR01: ¥550,000
teamelite TE01: ¥350,000

モデルにより在庫や納期が異なりますので、フレームセットに関せしてはお問い合わせください。

そこで、なんと、右上の画像は当店で最近組み立てたTMR01です。コンポーネントはカンパニョーロのスーパー・レコードEPSでした。ただし、通常ではTMR01のフレームセットはEPSに対応していません。上の画像の状態になるまではかなりの改造や工夫が必要でした。ここまで手を加える事になると、工賃は今回7万円でした。(通常¥30,000の倍以上ですね。)

最後に測った所、画像の状態で(ボトルケージ、ガーミンEdge800、等は含め)6.75kgでした。思った以上見た目は美しかったので、我慢できず、HPにアップさせて頂きました。(もちろん、事前にお客様の了承を得て。)

今回の記事に関してご不明な点やご質問がございましたら、いつでもお問い合わせください。よろしくお願い致します。

October 4, 2013

This month the shop will be open usual days, usual hours. The only exception will be that the shop will be closed on Sunday, October 20th, as I will be accompanying some of my students to watch the Japan Cup Cycle Road Race in Utsunomiya, Tochigi.

If you don’t know about the Japan Cup, it’s one the best pro races to watch in Japan as the course is a closed loop with some very good climbing in the middle. Also every year some very popular riders from the Pro Tour come and race as well. In the past people like Basso and DiLuca have come by.

OMG!! I just checked the website, it looks likes Team Sky’s Froome and Porte are scheduled to race! For the other teams that are scheduled to compete, please check here: http://www.japancup.gr.jp/2013/team

All of the above links are in Japanese, with no English available. If you have any questions, or if you’re thinking about attending, please email or call. Thanks!

2013.10.4

今月は通常営業させて頂きます。ただし、20日(日)は誠に勝手ながら臨時休業致します。

多分、皆さんはご存知の通り、今月の19日と20日に宇都宮でジャパンカップが開催されます。
もしご存知では無ければ、こちらへどうぞ: http://www.japancup.gr.jp/2013/
コースは周回ですので、一つの観戦場所から何度も選手や集団を見れます。

そして、今年はTeam Skyからフルーム選手とポルト選手が出場する予定です。かなり貴重だと思います。他のチームも出場します。詳しくはこちら: http://www.japancup.gr.jp/2013/team

どうぞ宜しくお願い致します。

September 8, 2013

Classes started back up last week. As such, I will have very limited availability Monday through Wednesday. For those of you who may still not know, I teach bicycle mechanics at the Tokyo College of Cycle Design in Shibuya on these days.

This month the shop will be open during the regular shop hours as stated in the above page banner. The only exception is that the shop will be closed on Sunday the 29th, as I will be doing mechanic work at the Murakami Int’l Triathlon.

Also the shop will be closed on July 25, 2020 as I will be busy watching the Olympic Road Race in Tokyo! It looks like the schedule is already set for the Men’s and Women’s Road Race/Time Trial, Track, MTB and Triathlon events. The preview can be seen here (in Japanese only). All the politics aside for a moment… Congratulations to Japan and Tokyo for their winning bid to host the 2020 Summer Olympics. Yea!

2013.9.8

夏休みが終わり、学校の授業が先週再開しました。こちらの影響で、当店の営業日は元通りに戻ります。ご存知では無い方、私、月曜日から水曜日まで、東京サイクルデザイン専門学校の講師を務めさせて頂いています。自転車の組み立てや整備を教えています。

今月は通常営業させて頂きます。ただし、29日(日)は村上国際トライアスロン大会の為、臨時休業させて頂きます。多数の外国人のお客様の自転車の調整や組み立てを会場で行う予定です。もし、会場で自転車の調整や他の御用が有りましたら声をかけて下さい。

最後に、2020年7月25日(土)はオリンピックロードレース観戦の為、臨時休業させて頂きま~す! 2020年のオリンピックの自転車やトライアスロン関連の日程がほぼ確定みたいですね。詳しくはこちらのリンクへどうぞ。本当におめでとうございます!

 August 29, 2013

BR-CX77

A few words about the advantages of buying Shimano parts through authorized retailers.

Shimano recently recalled some of its disc brake calipers. (Pictured above are the BR-CX77 replacements for the recalled BR-CX75.)

They sent out a general notice to all the bike shops and media outlets on Tuesday. Then they researched my order history and found that my shop had sold a pair of these brakes at the beginning of the year. They called my shop on Wednesday to confirm that I had received the recall notice, and to inform me that I had indeed sold a pair of the affected brakes and that I should get in contact with the customer. After I told them that I had gotten in touch with the customer and they promptly sent out the replacements which arrived today (Thursday).

Shimano will replace any of the brakes affected by the recall, regardless of where they were purchased (domestically or internationally). But the fact that they were very proactive in contacting my shop, an authorized Shimano reseller, speaks volumes for what a solid company they are. Sure, they sent out a lot of notices which are all over the web, but who actually looks these?

Velonews
Cyclingnews
Bicycle Retailer
Cyclowired (Japanese)

I mean, the customer who had bought these brakes is very net-savvy and he missed all these recall notices. If it wasn’t for Shimano calling me to call my customers, I wonder what would have happened?

Thanks for reading.

2013.8.29

br-cx77b

この数年で海外通販やオークションからの購入が増えています。価格があまりに安くて、まぁ、個人的にも利用した事有ります。でも、正式代理店から買うのはベストとは改めて思いました。値段は多少高くなりますが、保証とかアフターケアの面から見ると、海外通販とかオークションは本当に買得でしょうかね。

一昨日、シマノ社が一部のディスクブレーキの自主回収を発表しました。(詳しくは、こちら)そして、その翌日にシマノ社から当店に連絡が有りました。内容としては、シマノ社が調べたところ、今年の春に当店で自主回収対象のキャリパーを売ったとの確認。すぐにお客様に連絡を取り、シマノ社に折り返ししました。そして、本日、代替えのBR-CX77(上記画像)が届きました。あれだけ大きな会社がこれだけの対応して頂いて感動しました。

もちろん、今回の自主回収は何処から購入したかに関わらず交換対象になりますが、この情報がお客様に届くかの問題だと思います。シマノ社が世界中にこのリコールを発信しました:

Velonews (USA)
Cyclingnews (UK)
Bicycle Retailer (USA)
Cyclowired (日本)

でも、当店のお客様に連絡させて頂いたところ、この情報はまだ知らなかった様でした。たまたま、当店でこの部品を購入頂いて、こう言うことが起こり、シマノ社の厚いアフターケアのお蔭でこれから安心と安全で自転車を乗り続けるのが素晴らしいと思います。例えば、正式代理店以外で購入した場合、今頃どうなってたかな。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

 

 

 

June 18, 2013

During RAAM, I will not be able to update the web page as I’d hoped. But almost daily updates are available on the shop’s Twitter.

In the mean time, here are a couple pics.

prerace

The pre-race meeting at the motel in Oceanside, with one of our riders Jamie, far right. (pic, above left)

Jamie’s Garmin 800 at the start line, check out the kms to go! (pic, above right)

Follow the race through live timing at the RAAM webpage. We’re team number T202, Crank Addicts 2! Go, go, go!!!

2013.6.18

アメリカ横断レース(RAAM)の真っ最中です。ネット環境を整えるのが難しい。申し訳ございませんが、HPの更新は出来ません。Twitterはほぼ毎日更新しております。

今回の更新でこちらの2枚の写真。

Garmin

レース前のチームミーティングの様子。ジェーミー選手は一番右です。(画像、左上)

スタート時点のガーミン800。残りの距離に注目!(画像、右上)

レースの中継はRAAMのホームページをご覧ください。チーム番号、T202、CrankAddicts2です。頑張ります。応援よろしくお願いします。

June 1, 2013

RAAM_logo

From June 13th through the 27th, the shop will be closed. I will be in the United States doing mechanic work for Crank Addicts. This is a 2-person team that will be racing in the Race Across America (RAAM). The race will start on the West Coast in California on June 15th. The riders will ride non-stop, in shifts, until they reach the East Coast in Maryland. A total distance of about 3,000 miles or 4,800 km. Crank Addicts will be riding and raising charity funds for Marie Curie Cancer Care. More information and other links, such as donations and Facebook, can be found on the team’s website at www.crankaddicts.co.uk.

RAAM has several different team categories, including one-person solo teams. The solo men’s record is just over 8 days 3 hours, back in 1992. The 8-person men’s team record is 5 days 5 hours. (Incredible, considering it’s taken me about the same amount of time to do it alone by car.) These teams and riders come from all over the world. This time around though, there aren’t any Japanese riders or teams. Oh, well. For more information on RAAM, click here.

If I have time, I will try to update this webpage and tweet while I’m on the road. Wish me and the crew, and most importantly the racers luck!

2013.6.1

RAAMroute

6月14日より6月27日の間、臨時に休業させて頂きます。お客様に御迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。

この期間中にチーム・メカニックとして、Race Across America (RAAM, アメリカ横断レース)に参戦させて頂きます。イギリスの2人組チームのCrank Addictsです。2人交代でアメリカの西海岸から東海岸まで自転車で走ります。総合距離はなんと、4,800km見たいです。チームの目標はもちろん完走でが、Marie Curie Cancer Care(ガン患者看護)に募金運動も行っております。詳しくはチームのHPをご覧ください。(英語のみ) www.crankaddicts.co.uk

RAAMには複数のクラスやカテゴリで参戦できます。一人選手のソロ・チームも有ります。(一人でもチームと言う理由は、メカや他のサポートスタッフ、そして車が必要からです。)男子ソロの記録が8日3時間。8人チームもいます。8人交代で走って過去の記録は5日5時間。これは、本当にすごいと思うのは、大学時代に一人で車で横断した時との同タイム。

毎年、世界中からチームが集まりますが、残念ながら今年は日本からのチームはいません。これだけブルべやツーリング等に火がついてもね。なんでだろう。まぁ、RAAMに興味有る方、リンクはこちらです。(英語のみ)www.raceacrossamerica.org/

レース中に時間が有る限り、レポートや感想を書いて、こちらのHPを更新したいと思っています。ツイッターのつぶやきも一応予定しています。では、応援よろしくお願いします。

 

April 14, 2013

Tarzan

This month’s new issue of Tarzan went on sale a couple days ago. Tarzan is a Japanese fitness magazine focusing on a broad range of outdoor activities along with equipment reviews, dietary advice and current trends. This month’s issue is all about cycling! It has a lot of articles on how to choose the right bike, how to equip the bike and also commuting by bike.

This time around, there’s also a primer on bike fitting by none other than yours truly! (Page 55, if you’re interested.) It is a basic introduction and may include points most of you already know. But, at the same time, it should be a good start for those who may not be as knowledgeable in the area of bike fit. One thing though is that this is a Japanese magazine, so the article is in Japanese.

If you have a chance, pick up a copy. (I’ll even autograph it for you.) Dozo yoroshiku onegaishimasu!

2013.4.14

pg55

先日、今月号のTarzanが発売開始致しました。表紙の通り、今月号は全て自転車に関する記事です。生活の中で自転車をもっと活用できる方法として自転車の装備や乗り方等の記事が沢山載っています。

ところで、自転車のフィッテリングの初・中級者向きの記事も有ります。その記事、なんと、僕が監修させて頂きました!

ライターの菊地さんに大変お世話になりました。他の関係者も色々とお世話になりまして本当にありがとうございました。

もし機会が有れば、一度ご覧下さい。
よろしくお願い致します。

April 9, 2013

merida_tt

Back from the Taipei Cycle Show. This show is unlike Interbike or Eurobike in that it’s not really geared towards consumers or even for bike shops for that matter. It’s really more for manufacturers and distributors sourcing parts and accessories. But in the last few years, it’s gotten a little more consumer oriented with flashier displays and actual complete bike launches like the above. The pic on the left being the new TT bike from Merida that Lampre rode in the recent Paris-Nice race. The bike on the right is a concept “gravity speedbike” from Tange. Check out the video here.(I totally want one, it looks like a blast!)

axman

The other aspect that makes this show unique is that it gives a chance for other relatively unheard of bike manufacturers to showcase their stuff. One example is this premium road bike from Axman. Other examples of lesser known manufacturers are on sites like road.cc.

My favorite part of the show is the access to the myriad of parts and accessory manufacturers who never get any press due to their specialized natures. Like the offerings (above, left) from a bike paint company, Y.S. Paint.

 

Yozu

Or like the pic (above, left) from company, Yozu, that specializes in making only fittings for frames, like these cable guides. And the booth from Silvia and Jack Trading (above, right), which just had bells on display.

The trip to Taipei was very productive. Besides making new contacts and re-connecting with my old contacts, I was able to see the current and future trends within the industry with my own eyes. There’s a lot of ingenuity coming out Taipei, but that’ll have to be another post as this one is already getting pretty long. Thanks for reading.

2013.4.9

yasujiro

台北サイクルショーから無事に帰りました。台北サイクルは他の有名な業界用の展示会とは一味違います。インターバイク(アメリカ)やユーロバイク(ドイツ)では大手の完成車メーカーが来年度の新車の発表会や展示を行っています。台北サイクルでは完成車より、主に完成車に付ける部品や用品の展示会です。でも、この数年で多少雰囲気が変わって、少しづつ店舗や消費者用に合わせて展示ブースが綺麗になったり、完成車も展示しています。上の写真は数ある中の個人的に興味が有った自転車です。左には、ランプレがこの前のパリ・ニースのTTで使用した自転車です。右の画像はタンゲのコンセプト、「ヤスジロ・スピードバイク」です。実際に走ってる様子や写真付のHPはこちら。(メチャメチャ欲しいな~、超楽しそう!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

様々なあまり知られていない完成車メーカーや部品メーカーも色々展示していました。左上の写真はAxman社の最高級ロード車です。同様な完成車メーカーやもっと珍しいメーカーはこちらの外部リンク、road.ccで取り上げられています。

個人的に台北ショーで最も興味深い所が完成車メーカー以外の展示です。右上の写真はY.S. Paint社のブースでした。大手向きの塗料や塗装の会社です。以前、数百台の自転車を注文した時にお世話になりました。

普段はこう言う会社は雑誌やネット等では宣伝しておりませんので、自転車屋で働いてても、あまり接し出来ないです。でも、台北ショーで直接に実物を見たり、触れたり出来て、本当に魅力的です。

 

Bells

まだまだあります。左上の写真はYozu社の展示の一部でした。こちらのメーカーはフレームに溶接するケーブルガイドやハンガーだけ作っています。右上の写真はSilvia and Jack Trading社のブースでした。写真の通り、こちらの会社はベル専門です。

台北ショーへの出張はかなり効果的でした。新しい取引先の契約を出来ましたし、以前からお世話になってる会社の挨拶や情報交換を出来ました。他には様々な業界の進展と発明を自分の目で見れたのは良かったです。次回の更新に紹介します。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

February 3, 2013

OHchart_en_300x225thm

This month the shop will have its annual tune-up campaign! The prices will be discounted as follows:

Basic Maintenance: ¥6,300 ¥5,250
Semi Overhaul: ¥15,750 ¥10,500
Full Overhaul: ¥31,500¥21,000

The above prices do not include parts. I’ve uploaded the maintenance and overhaul package chart from the shop. The printable file is located here or by clicking the image above.

The Basic Maintenance can be done same day in a couple hours. The Semi and Full Overhauls will be done in a few days. You can drop your bike off on the weekend and have it back Thursday or Friday, ready to ride for the next weekend!

For further details or to schedule and appointment please email or call. Thank you.

2013.2.3

OHchart_jp_300x225thm

今月はメンテナンスキャンペーン実施中!
下記の通り、通常価格より割引します:

ベーシック・メンテナンス: ¥6,300 ¥5,250
セミ・オーバーホール: ¥15,750 ¥10,500
フル・オーバーホール: ¥31,500 ¥21,000

料金に部品代は含まれておりません。詳しい作業内容はこちらの印刷用のファイルをご覧ください。

作業時間に関しては、ベーシック・メンテナンスは当日に仕上がります。1-2時間程度で自転車を引き取れます。

セミ・オーバーホールとフル・オーバーホールの場合は自転車をお預かりさせて頂きます。数日後に作業を完了します。例えば自転車を週末にお預かりさせて頂けば、木曜日、金曜日に引き取り出来ますので、次の週末のサイクリングや走行会にバッチリ!

さらに詳しい内容やご予約等につきましては、メール又はお電話でお問い合わせください。よろしくお願い致します。

January 1, 2013

sunrise

Happy New Year!

I wish all of you the best of health and happiness in 2013. I hope for continued success and enjoyment in pursuing your cycling related goals.

My resolution for the New Year… RIDE.

With that in mind, the images above are from my first ride of the year. I rode out to Kujukuri Beach in Chiba to check out the first sunrise of 2013. It was a little cloudy, but I was lucky enough to capture the Sun as it peeked through a small break in the clouds. I’m taking this as a good omen for 2013.

The map and data are off of my Garmin. It was the first time I used the route planning feature on GarminConnect. As you may or may not know, I never had an overly enthusiastic impression of the Garmin 800, but features like this definitely add points in terms of the cost performance of the unit. I look forward to using it more and more in the following year to assist in my training.

I also look forward to working with my clients (existing and new) to achieve the best of performance throughout the New Year.

2013.1.1

route

data

新年明けましておめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。本年、皆様の様々な目標を楽しく達成できますように。

私の目標、自転車をもっと乗る事。

早速、元旦に千葉県の九十九里浜まで走りました。左上の画像は海辺から撮った初日の出の様子です。多少曇ってましたけど、ちょうど日の出の時間に運が良くお日様が隙間から写りました。今年も縁起が良いて勝手に思いました。

右上の画像は自分のGarmin800から降ろしたデータです。初めてGarminConnectのコース計画使いました。今まであまりGarmin800を好評価出来ませんでしたが、こういうふうに使えると、コストパフォーマンスがかなり上がります。今年、Garmin800をもっと活用できる様に楽しみにしてます。

そして、今年、皆様の自転車生活にもっと活躍できる店になりたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

October 26, 2012

Last weekend was the Japan Cup, a 2-day event consisting of a criterium on Saturday and road race on Sunday. It’s held in Utsunomiya every year and is one of the few rare chances to see international pros race in Japan. Robbie McEwen (OGE) came out of retirement to race the criterium and finished 3rd. (I just found the FULL onboard video from McEwen’s bike on YouTube!) The road race was won by Ivan Basso (LIQ), who outsprinted Dan Martin (GRS) to what people say was a very exciting finish.

Although I wasn’t able to go to the races this year, I was lucky enough to be invited to the Garmin-Sharp after-party held Monday in Aoyama, Tokyo. A few highlights of the party were meeting Dan Martin and other team members like Nathan Haas (who won the race last year). Also meeting the support staff was really cool. I talked with Garry Beckett for awhile, about what goes on behind the curtains at Garmin Sharp (pic, above right.)

Above are pics of Dan Martin, talking about the course and his race strategy (left), and taking questions from the gallery (right).

I just wanted to thank the team for coming and racing (and doing the signings, and attending the after party). It was an honor to meet all of you. Also to iiyo.net for hosting the party, and of course Tabuchi-san at CWS for bringing me along.

2012.10.26

先週末ジャパン・カップが行いました。毎年、宇都宮で開催される自転車イベントです。土曜日に駅前でクリテリウム、そして日曜日にロード・レース。日本で国際プロ選手が参加するレースは数少ないので、ジャパン・カップは貴重な大会だと思います。今年、マキュアン選手(OGE)が引退にも関わらずクリテリウムに出場、そして3位。(オンボード映像YouTubeに載ってます!) ロードレースではバッソ選手(LIQ)が優勝、そしてガーミン・シャープのマーティン選手が2位。スプリント勝負で観客が盛り上がったて聞きました。

残念ながら、私は今年のジャパン・カップに行けませんでした。でも、運が良く、レース後のガーミン・シャープ・アフターパーティに招待されました。アフターパーティには自転車業界の関係者とガーミン・シャープのファン沢山いました。皆さんは選手のサインを貰い、選手との会話もできました。ガーミンの選手て本当にやさしいと思いました。私はもちろん選手と挨拶しましたが、ほとんどの時間サポートスタッフのベケット氏と会話しました(右上の写真)。 彼がどれだけ日本が大好きとかチームの裏話もしてくれました。

 

こちらの写真はマーティン選手です。レースのコースと戦略の説明をしてます。あと、会場の皆さんからの質問にも答えてくれました(左上)。

チーム・ガーミン・シャープの皆様へ、日本に来てレースを盛り上げて、わざわざサイン会もアフターパーティにもを参加頂きまして本当に感謝してます。アフターパーティを開催して頂きましたiiyo.net様CWSの田渕さんに誘って頂きましてありがとうございました。すごく楽しかってです!

September 28, 2012

Back from Interbike.

I prepared a short presentation for my students on what industry-only bike shows are like and came up with a few personal observations. The first time I went to Interbike, I was completely awestruck at the scale of the event and the number of attendees and exhibitors. I came back from that show with my camera filled with close to 300 photos. Over the years, each time I come back from the show, I seem to be taking less and less photos. (I wonder why?) This year was no different. Even though I knew I would be making a presentation at the school and had to take more photos than usual, I still only wound up with maybe 40-50 pics. Of these pics, I had maybe 3 or 4 that I thought I could post here.

First and foremost,the Neilpryde Bayamo (above left). Cool looking bike. Very cool company reps. The sales rep in the the back talking on the phone noticed I was going to take a pic of the bike and he adjusted position of the crankarm for me. It makes the bike look better in photos, and most catalogs and magazines do this as well. For comparison, check out the pic I took of another cool bike the BMC TMR01 (above right). See the difference? More info on the Bayamo can be found here (neilprydebikes.com) and here (triathlonrumor.com). The Japanese distributor link is here, www.trisports.jp.

 

2012.9.28

無事にInterbikeから帰りました。

帰国後の翌日、普通に専門学校の授業行いました。僕の生徒達にこう言う業者専用の大展示会の風景を伝えるのに短いプレゼンテーションを作りました。プレンゼンテーションの作成中、色々過去のInterbikeの事を思い浮かびました。初めてInterbikeに行かさせてもらった時、膨大な出展者の数に驚きました。デジカメのシャッターを次々押し続きまして、最終的に300枚くらいの写真を撮ってました。でも、この数年前からはInterbikeで撮った写真の数が明らかに減っています。(何でだろう?)今回のInterbikeも同じでした。帰りに学校でプレゼンを用意する前提でいっぱい写真を撮ったはずでしたが、40-50枚しかカメラに入ってなかった。その中ではホームページにアップ出来るのはたった3-4枚くらいでした。

 

 

 

まず初めとして、NeilprydeのBayamo(左上)。普通にカッコいいと思いました。でも、それより感動したのは、Neilprydeの営業者の思いやりと会社や商品のプライド。(ダジャレぽっくてすみません。) 彼は写真の奥に写ってます。私がカメラを用意する際、彼が寄って来てわざわざクランクアームの位置を直して頂きました。クランクアームをチェーインステーかシートチューブに対して平行に合わせるのは業界の中では常識。この様に合わせると自転車が一番美しく写ると言われてます。雑誌とかカタログの撮影に多く使われてるテクニックです。もう一枚、隣の写真(BMC TMR01)と比べて下さい。 せっかく、超カッコいい自転車なのに(シマノ9000系とLightweight Fernweg装備!)クランクの位置が合ってないせいで、なんとなくまとまり感が無い。まぁ、あと、ホイールも揃ってないですけどね。Neilprydeさんがそこまでこだわって頂いて感動しました。Bayamoの詳しい情報はここ、neilprydebikes.comtriathlonrumor.com。国内の代理店ホームページはここ、www.trisports.jp

September 14, 2012

Just a reminder that the shop will closed next week. (Sept.20-23) I will be at Interbike checking out all the new stuff for 2013. In the meantime, here’s a teaser of the new Canyon 2013 catalog from Eurobike. The full catalog is also available online as a PDF. I thought their new Speedmax looked pretty sweet.

 

2012.9.14

来週の休業のお知らせです(20日‐23日)。Interbike(アメリカの自転車大展示会)に行きます。上の画像はEurobike (ヨーロッパの大展示会)から頂いた、2013年Canyon社のカタログの一部です。カタログ全体はCanyonのホームページからPDFでダウンロード出来ます。新型Speedmaxがかなりかっこよくなったと思います。

September 13, 2012

I recently had the opportunity to build up a complete bike from one of the bigger overseas online retailers.  (I’ll give you hint, their name starts with a ‘W’.) Usually I build bikes from the frame up. But this time the bike was assembled abroad and then partially disassembled for shipment to Japan. For the most part all I had to do was install the wheels, handlebars and saddle/seatpost.

My impressions? I think they do a very solid build. The packaging was top-notch. Also, all of the torque values were to spec, no bolts were loose and everything functioned well. The bar tape was evenly wrapped, and they even took the time to line up the tire logos with the valve stem. But at the same time it’s difficult to say whether this bike would be up to the pickier Japanese customer expectations. A couple aesthetic points that I had to fix were the uneven inner brake and shift cable lengths. Also when the bicycle was disassembled for packing, the seatpost was scratched.

From a functional standpoint, the rear derailleur hanger was out of alignment and the STI levers were pointed outwards (instead of straight ahead, but only by a couple degrees.)

Like I said, kinda nitpicky. In all honesty, some of the bicycles that come straight from the big manufacturers don’t even come close to the build quality of this bike. I think most end-users would be completely satisfied buying from this company. (Further hint, their name rhymes with ‘giggle’.)

Labor cost for the build and tune: 5,250yen

 

 

2012.9.13

本日、海外自転車通販大手の完成車の組み立て依頼を受けました。当店ではほとんどフレームセットからの組み立てですが、今回は初めてこの大手企業からの完成車でした。(ちなみに、W社です。)こちらの自転車は海外で1度完全に組み立て後、梱包用に分解したようです。当店ではホイール、ハンドルバーとサドルを付けたくらいです。

個人的な感想を差し上げますと、以前アメリカで働いてた店より上回る出来映えでした。まず、本体が運送中に傷つかないようにしっかり梱包されました。全体のネジを確認した所、全てがメーカーのトルク基準に適合されてました。変速とブレーキの性能も普通に調整されてました。バーテープも綺麗に巻かれました。あと、最近珍しくないかも知れませんが、タイヤのロゴがバルブと合わせてました。(昔の海外の自転車店だとここまでやってなかったと思います。)

ただし、こちらの自転車をそのまま箱から出して、比較的に厳しい日本人を大変満足できるかはどうかなと少し思いました。機能面から見るとディレーラーハンガーが曲がってました。STIレーバーの位置がずれてまして、逆「ハ」の字でした。他の小さい問題としては、少し長すぎるインナーワイヤの処理。一番大きい問題としては、シートポストの傷。多分、梱包の際、シートポストを抜いて5㎝程のギザギザ傷をついた。この程度だと日本の路面店では交換か返品対処になるでしょう。これからイギリスの会社にメール送ります。以前の経験だと簡単に交換してくれると思います。

こう言っても、かなり頑張ってる感じでした。(先生目線ですみません。)アメリカのメーカーさんから来る完成車と同じ完成度だと思います、むしろ上回ってる。消費者としては、こちらの海外通販会社から完成車を購入したとして、普通に満足できると勝手に思います。(最後のヒント、こちらの会社名を翻訳すると、「小刻みに揺する」と言う意味らしいです。)

組み立て、最終調整工賃:¥5,250

 

April 6, 2012

I have accepted a position as an instructor at the new Tokyo College of Cycle Design. The 2 to 3 year curriculum will cover everything from your basic Japanese mama-chari to racing level road and mountain bikes. I will be teaching bicycle assembly, maintenance and repair to the first year students. For the second and third years, the students will be welding frames, and immersed in the designing of  various bicycles. It should be really exciting. I’m looking forward to working with the new students.

As such, the shop’s business hours will be adjusted accordingly. I apologize for any inconvenience this may cause. Starting next week, from the shop will be closed Mondays, Tuesdays and Wednesdays. (Appointments can still be made on these days as the school schedule allows.) As for the rest of the week, I will be open as normal 12pm-8pm Thursday through Sunday. Thanks for your understanding.

 

 

2012.4.6

今月開校の東京サイクルデザイン専門学校です。実は、講師として採用させて頂きました。私は自転車の組み立て、メンテナンスと修理を教える予定です。生徒はその他に自転車のフレーム溶接とデザインを学びます。多少緊張しますけど、楽しみにしてます。

授業の為、店の営業時間を大幅に変更します。来週から月曜日、火曜日、水曜日を定休日にさせてもらいます。ご迷惑をおかけしますが、予めご了承下さい。(授業の時間により定休日でも予約はまだ可能です。)木曜日から日曜日は通常の営業します。(12:00-20:00) よろしくお願い致します。

 

 April 1, 2012


Wow, already April… meaning I’ve been in business for 3 months. After doing some accounting and preparing for classes, I came up with some interesting (to me anyway) data that I thought I’d share. For anybody interested, this is a breakdown of ALPHA in the past 3 months.

Customer base:
90% Non-Japanese, 10% Japanese

Bikes:
65% Tri/TT, 25% Road, 5% MTB, 5% Other

80% Shimano Di2, 10% SRAM
5% Shimano (non-Di2), 5% Campagnolo

No. of cups of coffee per day: 4-5

Most often customer requested music: AKB48

 

2012.4.1


もう4月ですね。3ヶ月営業してます。色々決算、集計しながら個人的に興味深いデーターがでました。ALPHAではどう言う仕事をしてるかと、次の通りです。

来客:
90% 外国人、 10%日本人

自転車類:
65% TT/トライアスロン、 25% ロード
5% MTB、 5% その他

80% シマノDi2、 10% SRAM
5% シマノ(Di2以外)、 5% カンパ

一日のコーヒの摂取量: 4-5杯

一番多い音楽のリクエスト:AKB48

February 21, 2012

I just realized that many people may not be using Twitter/Facebook.
These are just a couple images I’ve been posting over on those sites.

The first is the shop bottle. They’re the new Specialized Purist Bottle (220z) with the Mo’Flo valve. Details available over on Specialized’s site. The WaterGate valve is great, it’s just not suitable for my purposes. These bottle are available at the shop for ¥1,050.

The second pic, on the right, is a new addition to the shop bookshelf. It’s a book illustrating the modern collaboration between bicycles and art. It’s not only about beautifully painted bicycles, though. Most of the book is devoted to bicycles as a theme in art genres like posters, sculpture and even graffiti (cool!). It’s not for sale at the shop, as it easily purchased online, but available for your perusal anytime.

2012.2.21

今気づきましたが、もしかしてご覧のホームページの皆様はツイッター/フェースブックのユーザーには限らない。今回の投稿は以前ツイッターやフェースブックに載せた物です。

左は当店のボトル、スペシャライズド社のプユーリストボトルです。(約650ml) バルブは普通に引っぱるタイプ、Mo’Flo。詳しくはSP社のホームページへどうぞ。 ¥1,050(税込)

右は当店の本棚に新しく置きました写真集です。自転車本体の塗装だけではなく、自転車を主役として世界中でさまざまのアートジャンルの活躍を描いてる本です。当店で販売しておりませんが、作業の待合時間中などに自由にどうぞ。

 

 

January 19, 2012

Specialites TA SIN SL Bottle Cage

Direct from France! Not available in Japan.
Black and White in stock.

Aluminum, 31g (actual weight) ¥2,993

2012.1.19

Specialites TA SIN SL ボトルケージ

フランス直輸入品。国内未販売。
ブラックとホワイト在庫しています。
アルミ、31g (実測)¥2,993

January 5, 2012

Open for business!

Check out ‘PROFILE’ to read more about me and the shop.
If you have any questions or comments feel free to email or call me.

Thank you!

 

2012.1.5

営業開始しました。

店の詳しい自己紹介は’PROFILE’を見てください。
ご意見、お問い合わせ、よろしくお願いします。

ありがとうございます!